おすすめAVシステム |

おすすめAVシステム

純正AVシステムをサウンドアップvol2

『純正AVシステムの音を良くしたい・・・』

 

そんなあなたに弊店がお勧めする製品をご紹介いたします。

 

「純正ナビシステムの音を良くしたいと思い、

量販店や他の専門店を尋ねたら、出来ませんと断られた

 

或いは、

「やっても音は良くならない」と言われた。

 

というお話をよく耳にします。

 

・・・

 

ここ数年前から、

国内外を問わず各メーカーは、マルチインフォメーションシステムコネクトシステムといった複合した複雑なシステムを採用することにより、

安易に市販のナビも取り付けができなくなりました。

 

例えば、

(弊店で施工例の多い車種を掲載)

 

マツダ CX-5 

マツダコネクト

マツダ ロードスター(ND)

マツダコネクト

 

ホンダ オデッセィ

インターナビ

 

ニッサン 35GT-R

ニッサンコネクト

 

トヨタ 30アルファード

T-コネクト(メーカーOP)

 

スバル アウトバック

ビルトインナビ(ダイアトーン)

 

 

VW GOLFⅦ

ディスカバープロ(標準orメーカーOP)

 

AUDIS1

  MMIナビ(標準)

 

Porsche 991

Porsche connect

 

Mercedes-BenzA-class

COMANDシステム

 

Renault LUTECIA

7インチタッチスクリーン(メディアシステム)

 

と、各々がいろんなシステムを備えるようになってきました。

 

そして更に、

安全運転支援システムが加わることにより複雑化し、

車両価格がドンドン上がってきております。

 

しかし!

 

あまり車両価格を上げたらクルマは売れなくなります。

(Kカーでも200万を超える時代です・・・)

 

よって、どこかでうまく?コストダウンを図らなくてなりません。

 

その対象になるのが、

「音」(オーディオ)です。

 

年々、酷くなってきているのをひしひしと感じております。

 

そんな試みに対し、

 

何十年もかけ、

「音楽は、生活に大切なツール」だと唱えてきた私にとっては、

とても残念でなりません。

 

そしてユーザーさまからも、

このごろよく、

「昔のクルマの方が、音が良かったですよねぇ」とか、

「昔の音の方が、もっと厚みや深みがあり心地よかった」

とか仰います。

 

確かに昔は、

スピーカーも少なかったですし、

アンプもシンプルでしたが、

奏でる音は、自然と溶け込んできました。

 

 

そんな今も昔も知る私は、

何とかしていい音に変えていきたいと務めております。

 

そこで今回は、

今の純正システムに市販の外部アンプをつけるために必要なアイテム、

ハイ・ローコンバーターを紹介したいと思います。

 

 

純正システムでは、市販の製品と異なり、

ライン出力(RCA)が出ておりません。

 

そこで、純正の内蔵アンプのスピーカー出力(ハイレベル)をRCA(ローレベル)に変換する機器です。

 

リーズナブルな製品は、数千円から出ておりますが、

中には単純かつ粗悪なパーツを使用しているため、

音が歪んだり、割れたり、ノイズがのったりと、

余計酷くすることもあります。

(廉価なデジタルプロセッサーに装備のハイローコンバーターもしかりです)

 

しかし、高性能なトランスを使った製品は、

とても音に厚みや深みが出ますし、

不要なノイズも減ります。

更に、倍音の成分が加わり音楽性を高めるでしょう。

 

そこで、今回お勧めするハイローコンバーターは、

 

 

当店定番アイテムの

 

 

PHASS HLC-01(ハイエンドハイローコンバーター)標準価格48,000円税抜きです。

 

 

某有名メーカーのトランスを使い、

同メーカーのハイエンド・アンプREシリーズを手掛けるエンジニアがハンドメイドで一台一台作っております。

 

 

<接続方法>

 

 

いたってシンプルです。

(電源も不要です)

 

内蔵アンプのスピーカー出力(ハイレベル)から信号を取り出します。

(スピーカーケーブルはPHASS SC1を使用)

 

スピーカー出力(ハイレベル)からHLC-01に入り、

RCA出力(ローレベル)に変換され、RCAケーブルにて隣のアンプと接続されます。

 

 

・・・

 

未だに、「ハイローコンバーターは音が悪くなる」と思っている方は、

ぜひ弊店にお越しいただき試聴をしてみてください。